忍者ブログ
横浜Fマリノス、日本代表、映画など。
[82]  [81]  [80]  [79]  [78]  [77]  [76]  [75]  [74]  [73]  [72
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日の日経新聞で、日産自動車のGMとの提携構想の話が出ている。
提携をすれば部品の共同購入や環境技術開発等の目に見える
メリットも出てくるが、現在日産は販売網再構築や部品会社との
関係再構築をすすめている最中だから「提携より他にやることが
たくさんある」という声が多いらしい。
ゴーン社長の真意も見えにくく、提携が経営目標達成の阻害要件と
見受けられ、株価も低迷をつづけている。
経営者は、短期的なミッションと長期的なビジョンのバランスを
とりながら会社を繁栄させなければならず、そのバランスも考え
なければならないから大変である。

さて、その子会社の横浜Fマリノス。
長期的なビジョンとして、みなとみらいの一等地にマリノスタウンを
創設した。これは将来に向けてマリノスが世界に誇れるビッグクラブ
になるための道筋としてオープンしたもの。また、親会社からの支援
を受けないよう、会社としての常時黒字化をめざすとしている。これ
らの考え方については一定の共感ができる。
ただ、その一方で、年チケホルダーには大幅値上げ等、従来からのサ
ポーターに対してはなかなか手厳しい仕打ちがまっていた。
さらに、サポーターがいちばんよろこぶであろう、マリノス自体のリ
ーグ戦その他の活躍といった短期的なミッションに関しては、ここの
ところ、首をかしげざるを得なかった。
長期的ビジョンを見据えながらも、短期的なミッション(リーグ戦で
優勝)を視野に入れていることを世間に示さなければ、マリノスその
ものの価値が低迷してしまうだろう。

コアなサポーターは、左伴社長がちょっと前のコラムで言っていたとおり、)
日本代表の試合よりも、
マリノスの試合の方が気になるというのは確か。地域と密着することに
よりそういった人をひとりでも増やすことも大事だが、一方で、日本代
をマリノスの選手でいっぱいにさせるような文句ない活躍ができれば、
そのまんま代表を楽しく応援できる楽しみもあるはず。
正直な話、あのコラムも見たとき、今の順位でいうなよ。。と思ってしま
ったのは私だけだろうか。

↓楽しんでいただけましたら、クリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログへ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
wisteria
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
サッカー観戦、映画鑑賞
自己紹介:
昔は「柴犬系」といわれていましたが、いつからか「サモエド」の方が近くなっていました。。。

横浜市在住。勤務先は東京都中央区。

好きな選手:中村俊輔、松田直樹、那須大亮、田中隼磨、中澤佑ニ、奥大介、波戸康広
最新コメント
counter
バナー
sakkarin
J.B.Antenna ほっとけない 世界のまずしさ
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]