忍者ブログ
横浜Fマリノス、日本代表、映画など。
[78]  [77]  [76]  [75]  [74]  [73]  [72]  [71]  [70]  [69]  [68
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

4年にわたるジーコ代表監督時代が終わり、新しい代表監督が生まれる。
巷では川淵さんの失言(計算?)により、オシムさんと交渉中とのことが
判明した。失った4年間が大きい分、新監督には期待したい。

ジーコは、退任にあたり代表監督として最後の記者会見をした。

ジーコは、敗戦したブラジル戦のブラジルのやっていたサッカーこそ
が自らがやりたかったサッカーといっている。
代表選手は、自らが創造的なプレーをし、ピッチのうえでも自らが考え、
そしてフィジカルやコンディションを含めた自己管理も徹底する。
最後の会見で言っていることを含め、ジーコの言っていることはいつも正しい。そう、いつも彼の言うことは「正論」だった。

これがロナウジーニョ、カカ、ロナウド、アドリアーノ等のスーパース
ターを揃えたブラジルであれば、ジーコはうまくやったかもしれない。
彼らに規則ががんじがらめにしたサッカーは似合わないから。

しかし、日本代表はそこまでは成熟したチームではない。体格が劣って
いることはずっと前からわかっていたことだし、日本にはワールドカップの
本当の意味での経験がすくない。
そんな選手にはあまりにも高い理想をかかげられても、とまどうばかりでは
ないか。選手に戦術、戦略面で、ちょっとずつレベルの上の目標を具体的に示さなければ、進歩につながらない。

代表選手なんだからそんなことは出来ていて当たり前とブラジル人が思っていることも、日本代表では当たり前でない可能性もあった。
極論すれば、学校で出来の良い子は放っておいた方が伸びるが、成績の悪い子をまずは机に向かわすのが家庭教師の仕事のようなものだ。

オシムは、普段の練習において、都度、考えなければ打破できない課題を
与えるという。そういったちょっとした具体的な工夫をして、ちょっとだけ
上の目標をクリアしていく。その積み重ねがジーコジャパンの4年間あったら、今回のワールドカップの結果もまた違っていたのかもしれない。そして、オシムジャパンが誕生すれば期待したいと思う。

↓楽しんでいただけましたら、クリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログへ


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
wisteria
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
サッカー観戦、映画鑑賞
自己紹介:
昔は「柴犬系」といわれていましたが、いつからか「サモエド」の方が近くなっていました。。。

横浜市在住。勤務先は東京都中央区。

好きな選手:中村俊輔、松田直樹、那須大亮、田中隼磨、中澤佑ニ、奥大介、波戸康広
最新コメント
counter
バナー
sakkarin
J.B.Antenna ほっとけない 世界のまずしさ
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]