忍者ブログ
横浜Fマリノス、日本代表、映画など。
[9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15]  [16]  [17
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

名古屋は前半から中盤によくプレスを効かせ、よいサッカーを
やっていた。マリノスは後半すこしプレスが甘くなり、大島を
入れてあたりから盛り返したものの、良いときのような中盤から
流れるようなサッカーはできない。

それでもマグロンゴールでようやく先制したものの、またしても
簡単にセットプレーから失点。もったいないですなあ。
優勝するためには内容よくなくてもこういう試合は勝たなければ
いけないのだが、、、。

久保VS玉田対決とマスコミは騒いでいたが、いまいち的はずれと
いえなくもない。ここんとこの久保は本調子にほど遠い。
今日も完全に孤立した状態だった。。疲れて本調子で
ないのにスタメンで使うのは、どうなのだろうか。。
そういう意味では中澤も。。

あと、ハユマは、あの場面では切り返さず、シュートでしょ。。

土曜日はジェフ戦。
ジェフは、レッズ戦で走る攻撃サッカーを見せていた。正直、
今のマリノスよりもずっと魅せるサッカーをしている。調子も
上げてきている。巻も阿部も、最終まで代表に残っていい結果を
出しているし、なによりチームにオシムイズムが浸透しており、
誰がでても質の高いサッカーができる。
こういう相手に対し、マリノスも気合を入れて試合をしてほしい。
リーグ戦も上位に踏みとどまらなければいけない。

5月3日(水) 2006 J1リーグ戦 第11節
名古屋 1 - 1 横浜FM (19:04/豊田ス/25,687人)
得点者:'80 マグロン(横浜FM)、'83 古賀正紘(名古屋)

PR
「プロデューサーズ」という映画を観てきました。
トニー賞12部門受賞というブロードウェイ傑作コメディの
映画化です。
舞台のオリジナル・キャストのネイサン・レインとマシュー・
ブロデリックが出演している他、ユマ・サーマンも出ています。

内容は、あんまり考えずに、「笑い」にいく映画ですね。
ゲイネタと下ネタを結構使っているので、人によっては評価が
わかれるかもしれません。
英語の韻を踏んでいるとことか、訛りとかの、言葉あそびもある
ので、そういうとこは難しかったかなー。
あと、ドイツ人とかは、ああいうの、どうおもうんだろうなあ。

ユマ・サーマンは、キルビル、パルプ・フィクション、ガタカとか
どちらかというとセクシー路線ではない気がしたけど、本作では
なかなかかわいらしい。でも、やっぱデカイね。

お金を払ってみるぐらいの価値はあると思いますよ。
2時間があっという間に過ぎましたし、楽しい映画であることに
間違いはありません。

「プロデューサーズ」
製作年度 2005年
製作国・地域 アメリカ
上映時間 134分
監督 スーザン・ストローマン
製作総指揮 -
原作 -
脚本 メル・ブルックス 、トーマス・ミーハン
音楽 -
出演もしくは声の出演 ネイサン・レイン 、マシュー・ブロデリック 、
ユマ・サーマン 、ウィル・フェレル 、ゲイリー・ビーチ

明日は名古屋戦。
グランパス・ジェフと2連勝して、すっきり中断期間へ
入りたいですね。

キリン杯の代表が発表されました。

マリノスからは例によって中澤と久保だけ。

中澤選手は「今、自分の調子が良くないので、代表のみんなに
迷惑を掛けないよう頑張りたい」と、
また、久保は「全力が尽くせるよう頑張ります」とそれぞれ
コメント。
彼らは、自分がなにをすべきかきちんとわかっている選手。
リーグでも代表でも、期待しましょう。

松田選手は残念でした。
ジーコが最近よくマリノスの試合を観ており、松田も十分に
選出されるに足りる活躍をしているので、「ひょっとしたら」
と思ったんですが、、、。
ジーコとは、不仲説がささやかれていますが、日本にとっては
貴重な人材ではないかと。。。
まあ、五輪にせよ、なんにせよ、いつも土壇場で滑り込むから
今回も100%落選と決まったわけではないけどね。

そうそう、名古屋は、あまりに勝てないので、緊急集会を開いた模様。
気を引き締めてるようだが、マリノスも頼みますぜ。
特にロスタイムはね。。
昨日は、東戸塚にある、横浜Fマリノスのトレセンに
行ってきました。
朝10時からの練習ということにもかかわらず、GW期間中と
いうことか、大勢のギャラリーがいましたよ(私もそのうちの
ひとりですが、、)
練習内容は、実践的なものが多かったですね。

清水、上野、奥といったケガで戦列を離れていた選手が
全体練習に参加し、元気に動いていたのが嬉しかった。

ドウトラは、まだ、ピッチ周りのウォーキング程度だったけど、
マルケスは軽いながらも、ボールを蹴っておりました。
平野、山瀬功治、坂田は練習自体には参加して
いなかったようにみえました。
早く彼らの勇姿がみたいものです。

totsuka
hiroshima

4月29日(土) 2006 J1リーグ戦 第10節
横浜FM 2 - 1 広島 (15:06/日産ス/20,232人)
得点者:'40 佐藤寿人(広島)、'81 松田直樹(横浜FM)、
'89 吉田孝行(横浜FM)


今日は、内容はともかく勝ちたい試合だった。
そういう意味で、「勝った」のは
大きかった!!

内容は、あんまり。。。
特に先制されて、相手に引き込まれてしまうと、パスでつなぐか
放り込むだけ。。
裏をねらったり、ドリブルしたり等の流れるような動きがでない。
パワープレイをずーと続けてもなあーと思ったら、
マイクの高さは「すごい」ね。
今日は1点目も2点目も実質的にはマイク。あれだけ明らかに高さで
勝てれば大きな戦力となる。

吉田もよくやった。序盤戦吉田は右サイドでいい結果が出ず、忸怩(じくじ)
足る想いがあっただろう。今日はよく詰めてくれた。マリノス復帰後
初ゴールおめでとう。

いつもだったら、あのまま1-0で終わりだったかもしれない。
それを、同点に追いつき、更に逆転した。これから、やってくれるだろう。
グランパス・ジェフを連破して、なんとか上位戦線をキープして
中断期間に入ろう。そうすれば、ケガ人も戻ってくる。


ブログをはじめて2週間あまりで
アクセス数が100を超えました。
ありがとうございます。
これからも頑張ります。
那須くん
「今は楽しんでサッカーをやっている」
とのことで、明日、広島戦、リーグ戦今期初先発の見込み。

塩川もでるのかな?
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
wisteria
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
サッカー観戦、映画鑑賞
自己紹介:
昔は「柴犬系」といわれていましたが、いつからか「サモエド」の方が近くなっていました。。。

横浜市在住。勤務先は東京都中央区。

好きな選手:中村俊輔、松田直樹、那須大亮、田中隼磨、中澤佑ニ、奥大介、波戸康広
最新コメント
counter
バナー
sakkarin
J.B.Antenna ほっとけない 世界のまずしさ
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]