忍者ブログ
横浜Fマリノス、日本代表、映画など。
[7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15]  [16]  [17
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

なんと、日本代表23名に久保が漏れてしまいました。
代表のエースストライカーとして、何度もチームを救い、
ジーコ監督の信頼の厚かった久保。。
コンディションが悪くても招集されつづけ、それにより
更に悪化しても、黙々と期待に応えようとしていた。

メンバー落ちについて、「そりゃ残念です。」と会見した久保。

4年前の広島時代にもトルシエジャパンで代表入り確実と言われながら最後
落選したときには、たしか行方不明になっちゃったことを考えると、少しは
進歩かもしれない。でも、久保の心中は、察してあまりあるものがある。

ただ、たしかにここんところの調子の悪さはマリノスの
試合を観ている人なら誰でもわかるくらいひどかった。そういう意味で
調子のよい巻を久保の代わりに選んだとしたら、それは理解できる。
4年前の俊輔のような好き嫌いにしか見えない意味不明なもの
ではないし、久保自身も納得はできるだろう。
調子を戻した久保が、リーグ戦、ナビスコその他で大活躍してほしいと思う。

4年前、マリノスからは、松田、俊輔、中澤、奥、波戸という
候補者から選ばれたのは松田ひとり。あのときもさびしい思いを
したのを思い出してしまった。。。

あと、アテネ世代はほとんど選ばれなかった。アテネ経由ドイツ行きって、
切符はどこ行ったのでしょう。次の大会は、経験つんだキャプテンシーある
人これじゃあ、いないよ、、、。

PR
サプライズ、なんとあり。

久保落選! 巻が選ばれる。

まあ、マリサポとして久保落選は残念な限りでは
あるけど、昨今の不調を考えるとやむをえないかと
思います。怪我のヤナギよりはマシではとも思うけど。。

巻は、自らが納得できるだけやった結果であり、
素直に「おめでとう」といいたい。

松井大輔も好きな選手だが、彼は若いし、次に頑張って
ほしいと思う。


23選手は以下の通り。(年齢はW杯開幕時)
 【GK】土肥洋一(32)F東京▽川口能活(30)磐田▽楢崎正剛(30)名古屋
 【DF】田中誠(30)磐田▽宮本恒靖(29)ガ大阪▽三都主アレサンドロ(28)浦和▽中沢佑二(28)横浜マ▽中田浩二(26)バーゼル▽坪井慶介(26)浦和▽加地亮(26)ガ大阪▽駒野友一(24)広島
 【MF】福西崇史(29)磐田▽中田英寿(29)ボルトン▽中村俊輔(27)セルティック▽小笠原満男(27)鹿島▽稲本潤一(26)ウエストブロミッジ▽小野伸二(26)浦和▽遠藤保仁(26)ガ大阪
 【FW】柳沢敦(29)鹿島▽高原直泰(27)ハンブルガーSV=フランクフルトに移籍予定▽大黒将志(26)グルノーブル▽玉田圭司(26)名古屋▽巻誠一郎(25)千葉




いよいよ今日の14時ですね。

例の「代表での貢献度」ということで、

おそらく
GK 土肥、川口、楢崎
DF 田中誠、宮本、三都主、中澤、中田浩、坪井、加地、
MF 福西、中田英、中村、小笠原、稲本、小野
FW 久保、高原、柳沢、大黒、玉田
の21名は確実なのでしょう。
残り2つを、遠藤、松井、駒野で争うのかなあ。。。

貢献度なら遠藤、
海外での実績なら松井、
サブの充実なら駒野 というところでしょうか。

サッカー人生は短い。
選ばれた選手は、
選ばれなかった選手のために、
自分の親しい家族や友人達のために、
この国のあなたを応援する全ての人達のために、
そして何よりも自分自身のために、
悔いのないよう、精一杯頑張ってください。
リーグ戦では、4連勝の後の浦和戦敗戦から調子を落とした。
また、ナビスコという意味でも今日勝って準決勝進出を決めておき
たかった。

そういう意味でスゴク勝ちたい試合だったが、負けてしまった。。

内容からしても、せめて引き分けにはしたい試合。
岡田さんも、「あれだけチャンスがあったのに決めれず、崩されて
いないのに2失点、勝負弱くなった
」とコメントしている。

そう。今日はここんとこ見られていたグダグダ感はなかった。
試合開始序盤からプレスをきかせ、意外な程あっさりとセットプレー
から那須のゴールで先制。永井のゴールですぐさま同点に追いつかれるも
選手の動きだしもよく、期待できる内容だった。

しかし、結果的には負け。ワシントンのゴールは、永井の突破を止め
きれず、いいパスを送られてのもの。ワシントンもああいうとこ、決して
はずさないね。(もう何度目だ、これ)

一方、チャンスはたくさんあったものの、後半は特に疲れからかプレーが
雑になっているのが目立った。。また、最近勝てないからか、思い切りが
足りない。松田までもがフリーの場でトラップしてチャンスをつぶす始末。

マイクは今日もヘディングではほとんど競り勝っていた。
最近後半は、「放り込みサッカー」が名物化しているが、あそこまで強いと
わかる気もしてきた。でも、もっと長い時間、出てほしいね。

狩野、だんだん良くなってきてる。テクニックはあるし、楽しみ。
強化指定の小宮山のデビューも、おめでとう。

負けはしたが、今日は内容的には悪くはない。
それだけに「もったいない」のだが、水曜日に福岡にキッチリ勝って、
準決勝進出を確実にしよう!

5月14日(日) 2006 ヤマザキナビスコカップ
横浜FM 1 - 2 浦和 (16:00/日産ス/34,310人)
得点者:'6 那須大亮(横浜FM)、'13 永井雄一郎(浦和)、
'58 ワシントン(浦和)


nabisukourawa
(今日の浦和の横断幕は、ちゃんと「日産自動車」の広告をよけていた
ようですね)

urawasen
ジーコジャパン国内最終戦のスコットランド戦が行われた。

KIRIN WORLD CHALLENGE キリンカップサッカー2006
日本代表 0-0 スコットランド代表
●5月13日(土)19:20/埼玉/58,648人


結果はスコアレスドロー。
ジーコは、試合後、「今日の試合は、これまで自分がやって
きたことへ確信を持たしてくれる、非常にいい内容だった
。」と
コメントしている。

ちょっと疑問が残る。

スコットランドは日本が負けたブルガリアを5-1で破り、今日の試合は
大差でまけなきゃよい試合。しかもスコットランドはW杯には出れないので、
テストマッチという必要もない。

そこで、スコットランドはスゴイ引きこもりの守備的なサッカー。
運動量も少なく、中盤まではボールを自由にもたしてくれる。
だから、日本としては、むしろ完封は当然だし、2点ぐらいゴールして、
スコットランドを少し興行気分から慌てさせるぐらいでなきゃいけなかった
はず。そこまで行ってはじめて仮想オーストラリア対策ができたはず。

ある意味、カップ戦の枠内で勝負に徹している相手の戦略にはまり、
スコットランド優勝、日本最下位というのが現実でもある。

ほとんどプレスも効いてないなか、小野や小笠原といった技術のある選手が
いいボールを前線に配球できるのは、「当然」のこと。今日の試合で
「小野は良かった」というのはむしろ失礼なくらい。

問題は例によって、決定力のなさ。
あんだけ中盤からいいボールが配球されても決められない。
あと、引きこもりの相手に対してはミドルシュートも悪くはないが、
ドリブルで組織をくずしていくプレーももっと見たかった。
今日でブログ開設からちょうど1ヶ月になりました。
たかだかひと月ですが、こうして続けてこれたのも
日頃閲覧くださる方々のお陰です。
アクセス数、サッカーブログランキング、ともに
当初予想していた以上です。
本当にありがとうございます。
引き続き頑張りますので、今後とも宜しくお願いします。

今、スコットランド戦、観てます。
一足早く、W杯の韓国代表が発表になりましたね。

パクチソン、イチョンス、ソンジョングといったお馴染みの選手に混じって、

おお!

安貞桓(アン・ジョンファン)」も、選ばれましたね。

ドイツで出場機会が少ないということで心配していましたが、
2004年マリノス優勝の立役者のひとり。
素直に嬉しいです。

あと、現在Jにいるチョ・ジェジン(清水エスパルス)、金珍圭
(ジュビロ磐田)もエントリー。
特にチョ・ジェジンは清水でも好調。活躍が期待されるところですね。

カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
wisteria
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
サッカー観戦、映画鑑賞
自己紹介:
昔は「柴犬系」といわれていましたが、いつからか「サモエド」の方が近くなっていました。。。

横浜市在住。勤務先は東京都中央区。

好きな選手:中村俊輔、松田直樹、那須大亮、田中隼磨、中澤佑ニ、奥大介、波戸康広
最新コメント
counter
バナー
sakkarin
J.B.Antenna ほっとけない 世界のまずしさ
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]