忍者ブログ
横浜Fマリノス、日本代表、映画など。
[10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15]  [16]  [17
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

内容的にはおそらく東京の方がよかったのでしょう。
でも、勝ちました。
マツのゴールがすばらしかった。
ジーコ、観てたよネ!

4月26日(水) 2006 ヤマザキナビスコカップ
F東京 1 - 2 横浜FM (19:00/味スタ/11,690人)
得点者:'21 田中隼磨(横浜FM)、'46 梶山陽平(F東京)、'64 松田直樹(横浜FM)
PR
ホテル・ルワンダという作品は、大ヒットというわけでは
ありませんが、ひそかに「良い映画」としてヒットしてい
ますね。

この映画は、大量虐殺、しかも90年代というつい最近に
実際におこったことを題材にしています。このような重い
テーマに真正面から取り組んでいることに敬意を称すし、
集団心理によってはいつでもこうなるという警告の意味でも
必見の映画と思います。

アメリカその他の先進国、国連さえも任務をまっとうできず
逃げ出してしまったことは、ルワンダが資源のない小国であ
ったことも一因でしょう。米国映画にありがちな画一的な善悪
にしないことも、かえって余韻を深くします。
エンディングの歌の、「どうしてアメリカ合衆国(イギリス
連合王国)はあるのに、アフリカ合衆国はできないんだ、、。」
という歌詞も考えさせられました。。

バラエティ番組ばかりの日本のTVを見てると、つくづく平和は
いいなと思う一方、平和であることの重要性を忘れないように
しなければと反省させられました。

「ホテル・ルワンダ」
製作年度 2004年
製作国・地域 イギリス/イタリア/南アフリカ
上映時間 122分
監督 テリー・ジョージ
製作総指揮 ハル・サドフ 、マーティン・カッツ
原作 -
脚本 テリー・ジョージ 、ケア・ピアソン
音楽 ルパート・グレグソン=ウィリアムズ 、アンドレア・グエラ
出演もしくは声の出演 ドン・チードル 、ソフィー・オコネドー 、
ホアキン・フェニックス 、ニック・ノルティ
県庁の星も3月に観にいった映画です。
まあ、TVで「踊る大捜査線」を見る延長で行ったという
のもありますが、普通に楽しめました。
こういう映画は、県庁の改革はたいへん!とか、地元スーパー
のパートとの交流とか、いろいろ理屈っぽく語らず、なーんも
考えず、気楽に観るのが一番いいかなって思います。
爆発的に売れてるわけではないのでパート2が出るか微妙ですが、
出たらいってもいいかな。
いちばん改革すべきやつは、実は石坂浩二ではなく、知事役の酒井
和歌子だったりする。

「県庁の星」
製作年度 2006年
製作国・地域 日本
上映時間 131分
監督 西谷弘
製作総指揮 -
原作 桂望実
脚本 佐藤信介
音楽 松谷卓
出演もしくは声の出演 織田裕二 、柴咲コウ 、佐々木蔵之介 、
和田聰宏 、紺野まひる
3月の初めに観にいきました。
オスカー監督賞を獲った作品です。
男同士の恋愛でしかも、米国の誇りであるカウボーイという
設定で、作品賞獲れるかどうかということで、アカデミー賞の
保守性が占われた作品でした。

感想としては、「悪くはないけど・・・」ぐらいなものです。
「男同士でそんなに激しくされても・・」というようなシーンは
ほぼ皆無といってよく、それでも相手を静かに愛する気持ちはそれ
なりに伝わったのは俳優陣とアンリー監督の素晴らしさでしょうか。

ただ、テーマとして、正直なところ、「男同士」の恋愛という以外に
は、すっごく「ふつー」の話なわけですよ。そういう偏見はいけない
よといって、これがいいといっていること自体が、まだまだ偏見がある
ともいえるような。。そういう殻を破ったで是非を問うという意味では
非常に価値がありますが。

二人の愛の象徴として描かれる、ブロークバックマウンテンの広大な
景色はいいですね。
あと、イニスは結局のところ、ジャックも奥さんも不幸にしてしまう
けど、娘さんとの最後のシーンは救いでしたね。

「ブロークバックマウンテン」
製作年度 2005年
製作国・地域 アメリカ
上映時間 134分
監督 アン・リー
製作総指揮 ラリー・マクマートリー 、ウィリアム・ポーラッド 、
マイケル・コスティガン 、マイケル・ハウスマン
原作 アニー・プルー
脚本 ラリー・マクマートリー 、ダイアナ・オサナ
音楽 グスターボ・サンタオラヤ
出演もしくは声の出演 ヒース・レジャー 、ジェイク・ギレンホール 、
ミシェル・ウィリアムズ 、アン・ハサウェイ 、ランディ・クエイド

「4連敗で意識改革だ~」ということで、岡ちゃん、
やり方を変えるらしい。自主性を重んじていたのが細かい指示を出すとか。
松田も選手ミーティングを呼びかけるなど、意思統一をはかった。
まあ、自由であることと、勝手気ままに何もしないことは別だから、
いろいろ決め事をつくるのはむしろ当たり前。
選手が変わっても、サッカーの戦術が変わらないことは大事だからね。

狩野君が、岡ちゃんの直接指導で、
プレースキックの練習をしている模様。FKにせよCKにせよ、最近セット
プレーで点が入らないから、期待しているよ。

ドゥトラ、肉離れ全治6週間。。。(T_T)
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
wisteria
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
サッカー観戦、映画鑑賞
自己紹介:
昔は「柴犬系」といわれていましたが、いつからか「サモエド」の方が近くなっていました。。。

横浜市在住。勤務先は東京都中央区。

好きな選手:中村俊輔、松田直樹、那須大亮、田中隼磨、中澤佑ニ、奥大介、波戸康広
最新コメント
counter
バナー
sakkarin
J.B.Antenna ほっとけない 世界のまずしさ
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]