忍者ブログ
横浜Fマリノス、日本代表、映画など。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

岡田さん、ついに辞任してしまいました。今期の戦い方について、選手をかばいつつ、ずっと責任を感じていたに違いありません。2003年、2004年の2連覇を成し遂げた最大の功労者をこのような形で辞めさせてしまうことがただただ残念でなりません。

岡田監督、本当にありがとうございました。また、お疲れ様でした。

2003年のマリノスに、決して試合をあきらめないマインドを吹き込んだのは岡田さんでした。今まで、選手の能力は高いものの、どうもお嬢さんサッカーといわれたマリノスに勝者のメンタリティを持ち込んでくれました。
2003年2nd第11節、国立で行われたセレッソ大阪戦や、2003年2nd第15節の優勝を決めたジュビロ磐田戦で見せた、負けていても、ひとり少なくても、決してあきらめない戦い方は私達に感動を与えてくれました。

2000年1stを制したアルディレスや、その後を継ぎナビスコ杯をとり、チームを残留させ、2002年1stに優勝まであと一歩とせまったラザロニも、岡田さん同様に成績不振によってチームを去りました。監督である以上、結果がでなければ責任をとり辞任するのはやむを得ないことだとは思いますが、毎度ながら功労者に対し、花道を用意できなかったことが悲しいです。

ただ、岡田さんが辞めたことで終わりではないし、終わりにしてはいけません。まだ、リーグも終わってないし、ナビスコもある。立て直しのために、なにをしなければいけないのか、チームはもちろんのこと、選手ひとりひとりも長期的視点、短期的視点の両方の目線で考えていかなければなりません。そのためのコミュニケーションも大事ですね。
そういう意味で、水沼さんの責任は非常に大きいですね(代行は下さんかなと思ったけど)。選手と年も近いし、水沼さんなりのカラーも出しつつ、岡田さんがマリノスにもたらした勝者のメンタリティをもう一度思い出して、岡田さんのためにも残り全部勝つつもりで頑張ってほしいと思います。実際、マリノスが本来の力を出し、誇りを忘れずに戦えば、十分に可能なことです。私達は精一杯の応援をしていきましょう。

↓楽しんでいただけましたら、クリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログへ



PR
今日も負け。。。前半、ほとんどチャンスのなかった大宮だったが、フリーキックのこぼれ球を小林慶に決められてしまう。たしかにボールポゼッションでは圧倒的にマリノスだが、引いている大宮にボールを持たしてもらっている形にすぎない。正直いって、前半終わったとこで、今日はよくて引き分けかなっと思ってしまった。。

●上野良治選手(横浜FM):
「(引いて守る相手への対策は?)別に統一していない。むずかしいよね。勝てる気がしなかったし、点も入る気がしなかった。バランスが悪いし、意思統一もできていない。かみ合っていない。裏にボールを出そうという意図があったが、みんな前に来たのでこぼれ球が拾えなかった」


ヨシハルの敗戦の弁がよく言い得ている。ガチガチに守る相手にゆっくりとパスをつなげるだけで、積極的にミドルでもなんでもシュートをうちにいく姿勢がなさすぎ。。パスがそんなにつなげるはずもなく、相手にカウンターをくらういつもの展開。こうも負けがこんでいると、どうしても慎重になるのはわかるけど、シュート打たなきゃ点になんないし、ミドル打って、引いている相手は引き出さないと、、、。カウンター気味になっても、サイドに出ても、プレーがシンプルでないし、相手の守備がくるのを待っているんでないかと思うほど。

お情け気味のPKのチャンスを得てなんとか引き分けに持ち込めると思ったら、ロスタイムにまたまた失点。これは勝ちにいっての失点だから仕方ないっていうのかなあ。。でも、これで5月に浦和に負けてから、2勝8敗5分。。このペースではマジで残留争いもありえてしまう。。今日の試合のように、チャンスさえつくれないと話にもならないし、リスク冒す勇気必要だね。

それにしても大宮って前からあんなプレーばかりだっけ。。。まるで茨城のチームのようだった。。

ただ、こんな内容でも、今日はブーイングする気にはぜんぜんならなかった。選手たちも自分たちが悪いところは理解しているし、なんとかしようとしているのはスゴク伝わってきたよ。。同点に追いついて勝ちにいこうとしていたし。だから、余計に悲しい。。。
とりあえず京都戦、がんばって!
それでもホームの試合には必ず応援にいくから(アウェイは適宜)。

8月23日(水) 2006 J1リーグ戦 第19節
横浜FM 1 - 2 大宮 (19:05/三ツ沢/11,623人)
得点者:'26 小林慶行(大宮)、'87 松田直樹(横浜FM)、'89 吉原宏太(大宮)


omiya060823

大宮サポーター

omiyasupporters

そして、今日はマッチプレープログラムでなんと当選券を引き当てていた。家に帰って気が付いたんだけど。。でも、クワガタはちょっと・・・。
実は仕事の関係で遅れて満員の自由席にいっても、親切な女性の方に席を譲ってもらったり、、。そういう意味では今日は感謝してるっ。。でも、やっぱり試合内容がなあ。。

matchday0823

↓楽しんでいただけましたら、クリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログへ


明日は、三ツ沢で大宮戦。元からマリノスが苦手とする堅守とカウンターサッカーの相手だが、なんとか自信を取り戻すサッカーをしてほしいもの。
ピッチからの距離も近いし、サポーターの声もパワーに代えて、気迫のあるプレーを見せてください!

ところで、マルケス検査と治療のためブラジルに一時帰国の記事が、、、。ちょっと気になるのが再来日未定ということ。。だっ、だいじょーぶだよね。。

明日のツートップは、久保坂田かな?

↓楽しんでいただけましたら、クリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログへ

今日、日刊スポーツに、「横浜岡田監督16試合残し白旗」という題目で、次の記事があった。

横浜の岡田武史監督(49)が残り16試合の段階で白旗を揚げた。20日の練習開始直前、選手を集めた円陣で「優勝は厳しくなった」と話した。19日には最下位C大阪にまさかの敗北。首位G大阪との勝ち点差は16に開いていた。選手たちは「チームとして、まとまっていない感じがする」と話した。練習場には「言い訳イラネ」と書かれたサポーターの横断幕も並んだ。

 同監督は「負けたのは仕方がない。プロなんだから、最後まで戦っていくしかない」と説いたが、選手たちの間では「優勝がないと言われ、何をモチベーションにしていいのか…」と戸惑う声まで聞かれた。
[2006年8月21日8時16分 紙面から]


この場にいたわけではないので、岡田さんがこのような発言をした真意はわからないが、練習開始直前という状況を考えると、見出しにあるような「白旗宣言」が趣旨ではなく、「(優勝は厳しい状況にはなったが)それぞれ強いメンタリティで戦ってほしい」というのが趣旨ではなかったかと思う。少なくとも優勝の確率がゼロでない以上、残り試合全勝をめざすのがプロだし、岡田さんがそれを否定する発言をするとは思えない。

坂田選手がセレッソ戦後のコメントでいっていたとおり、「みんなの考えてることがバラバラだった」なら、それを「試合になればなんとかなる」(栗原選手)という甘い考えは捨てるべき。また、「優勝がないと言われ、何をモチベーションにしていいのか…」などと受身な幼稚な姿勢は論外。練習でも試合でも選手が意見を言い合ったり声を出したりして調整するのは当たり前だし、目標など自分たちでもいくらでも作れること。
たとえば、2001年の残留争いのとき、松田選手が皆を茶パツにしたり、焼肉パーティに行ったりして、気持ちをひとつにしようとする努力をしていたように、岡田さんは選手の自主性を促すのが趣旨だったのではないかと思う。

今のマリノスでは、そういう気持ちにこたえる選手は出てこないのかと思ったら、、、、。

いた。那須選手。
「プレー面で守備に貢献するのはもちろんだけれど、チームが感じ取れるような声出しにも気を使いたい」

那須は今シーズンは出場機会にめぐまれていないが、元から気持ちが前面に出るタイプ。
今のマリノスには、2003年頃に選手が当たり前のように持っていた、たとえ劣勢でも喰らいついてボールを追う、「勝者のメンタリティ」を思い出すことがなによりも大事。
そういった意味で、残りの試合には、那須のような強いメンタリティをもつ選手を積極的に起用してほしいと思う。

↓楽しんでいただけましたら、クリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログへ


ついに、最下位セレッソに2勝目を献上してしまいました。。
しかも零封されるし。

試合後のコメントも、、

岡田さん「今シーズン、下がって守ってくる相手に対しても、パスをつないで崩せるサッカーをということをめざし、戦っているのですが、惜しいところでゴールに結びつけることができない。きょうもそうだった。相手が、非常によく頑張ってディフェンスしていたこともあるが、やはり崩しきれない。また、かといってカウンターでフィニッシュに持っていけるわけでもない。こういう中途半端な状態になってしまった。」

サカティ「自分は裏を狙ってプレーしたけど、みんなの考えていることがバラバラだった。つまらないミスで下を向いてしまって、さらに流れが悪くなった。」

ユーゾー「全体的にかみ合っていない部分が多かった。これは、昨日の練習から感じていたことだが、試合になれば何とかなると思っていたのが甘かった。これを反省したい。」

やませ「最下位のチームに負けてしまった。相手に2点取られて、1点が取れなかった、それだけ。」


こういう監督や選手のコメントを見ると、非常に残念ですが、慢心しているとしか思えないし、やる気さえ疑ってしまいます。

もう8月下旬になろうとしており、Jでトップクラスの陣容を持ちながらのこの体たらくぶり。「試合になればなんとかなる」「選手がバラバラ」とかいうことは、戦略・戦術面すらしっかり徹底されていない証拠。。

一方で、華やかにハード面さえ金をかければ客は寄ってくるだろうという発想で、妙なところばかりに金を使っていると思えてしまうフロント。。岡田さんのことだから辞任も頭にあるだろうけど、彼が辞めれば済むという問題にしてはいけないはず。。いったいどうなってしまちゃったんでしょう。。

もうリーグは残留すればいいから、ナビスコとか来期以降を見据えた戦いにしてほしいものです。試合結果だけでなく、内容もお粗末だと、今以上に日産スタジアムを使う意味のない観客動員力になってしまいます。。

8月19日(土) 2006 J1リーグ戦 第18節
C大阪 2 - 0 横浜FM (19:02/長居/18,609人)
得点者:'17 森島寛晃(C大阪)、'47 古橋達弥(C大阪)



↓マリノスの戦いぶりに怒っている人は、クリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログへ

更新が遅れてしまいました。。
日本代表のイエメン戦、TV観戦でしたが、途中、寝そうになりました。
オシムのサッカーが熟成するのに時間がかかるであろうから、その過程は時間がかかるというのは理解しているけど。。
やっぱ、代表が浦和・千葉連合軍のようになってしまうと、思い入れもまったく消えるというか、、。しかも、それであんな試合内容では、、。
次からは選手の大幅な入替もあると予想されてはいるけど、どちらかというと選手の能力や個性に戦術があわさるのではなく、戦術にあう選手が選ばれるという前提があるとすると、ピンボールサッカーにはそれ程、ファンタジスタやドリブラーが必要ともいえないんだろうなあ。。。

●アジアカップ2007予選
8月16日(水)19:20/新潟ス/40,913人
日本代表 2-0 イエメン代表
得点者:'70 阿部勇樹、'91+佐藤寿人


なお、アジア杯の登録メンバーが判明し、43番以降のオシムジャパン構想選手に次の選手も入っていることがわかりましたね。あらためてJをよく見ているなと思います。

山口  智(G大阪)
二川 孝広(G大阪)
中村 憲剛(川崎F)
山岸  智(千葉)
本田 圭佑(名古屋)
永井雄一郎(浦和)
矢野 貴章(新潟)

↓楽しんでいただけましたら、クリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログへ

イエメン戦の日本代表選手が13日に発表されている。
A3組のジェフとガンバ、そして海外遠征中だったアントラーズも含めての選出でしたが、驚いたのはアントラーズからの選出がなかったこと。J発足以来、日程上の理由がなく鹿島の選手が代表メンバー入りしなかったのは初めてのことらしい。

一方、ガンバからは遠藤、加地が無難に選出。そしてオシムチルドレンとも言われるジェフからは阿部、巻のほかに佐藤勇人、羽生も初代表入り。(個人的には山岸なんかも入るかなと思ったが)

オシムさんのめざすサッカーは戦術の理解に時間がかかる。代表での短い練習時間だけでは足りないから、Jでも上位チームで、かつオシムサッカーを理解するジェフ組から多く選出されるのは当然。むしろ、マスコミのご機嫌をとって過去の実績やスター性だけで選手をえらばない姿勢は好感がもてる。目標はあくまでも次の南アフリカW杯だからね。すぐに結果を求めて、一喜一憂しないほうがいいのでしょうし。

そうはいってもマリノスの選手は気になるし、多くの選手が選ばれてほしいもの。また、ホームでのイエメン戦は勝つだけでなく内容も伴ってほしいもの。今回、栗原が落ちてしまったけど、まだ始まったばかり、川崎戦でのパフォーマンスは良かったぐらいだからオシム構想から漏れているわけではないでしょう。期待値は高いと理解して、復帰できるよう頑張ってほしいですね。(山瀬にしろ坂田にしろハユマにしても、これからの伸びしろに期待されての選出という意味では、おんなじことだけど。)


↓楽しんでいただけましたら、クリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログへ


カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
wisteria
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
サッカー観戦、映画鑑賞
自己紹介:
昔は「柴犬系」といわれていましたが、いつからか「サモエド」の方が近くなっていました。。。

横浜市在住。勤務先は東京都中央区。

好きな選手:中村俊輔、松田直樹、那須大亮、田中隼磨、中澤佑ニ、奥大介、波戸康広
最新コメント
counter
バナー
sakkarin
J.B.Antenna ほっとけない 世界のまずしさ
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]